島村楽器のお題「ライブの思い出」

 演劇もライブととらえるなら、演劇経験は今年で13年目なんですが、お題的には音楽のライブのことでしょう。音楽とか、楽器とか、超苦手な私は、音楽のライブは、やったことありません。


 なので、ライブに行った思い出。いわゆるバンドが演奏しているライブというのは、今までに一回しか行ったことないと思う。音楽関係のイベントは、何回かあるけど。


 差て。


 あれは、大学4回生の時。同じ研究室の所属になった女性がおりまして、その女性は、私にタバコを教えてくれた、なかなか恰好の良い女性でありました。その女性は、私の演劇活動もある程度知っていてくれた方でした。


 もう、あんまり覚えてないですけど、ある日、「ライブいかへん?」みたいに誘われたのだったと思います。生まれつき(今も)、引っ込み思案な私ですが、「新しい経験をしてみよう」と思って、その誘いに乗りました。


 どこまで出かけたのかな。きっと、大阪とか、神戸だった気がするけど。なにせ初めてのライブ。チケットが3000円くらい?したのもよく分からんですし、『1ドリンク』とかも、よく分かりませんでした。出来る限るのオシャレをしていったような…。


 で、会場に入って。もう、何と言う人のライブだったかも忘れたのですが、その熱気は覚えています。そして、演奏がはじまったら、ギュウギュウにつまった人が、一斉に踊りまくったのを覚えています。


 私も踊りました。何曲か続くと、身体が疲れてきて、汗だくで、後ろの方で、壁にもたれかかって、「ふぅふぅ」言ってました。


 覚えているのは、それだけです。その後、どんな感じでライブが終ったのか、どんな風に帰ったのか、その辺りは、さっぱり覚えておりません。チケットを買って観に行くのは、演劇くらいでしたが、踊って、汗かいて、ライブというのも、いいものだな…と思いました。


 これ書いていて思いましたが、演劇って、基本的におりこうさんで客席にいないといけないのが、長くなると、キュークツですよね。なんか、演劇企画をやるとしたら(できたら)、踊りながら観る芝居とか…誰かやってそうかなぁ。