前回の記事はこちらから

初めてのスイス(19)さよならマッターホルン、ジュネーブ国際空港へ

まずはこちらのカウンターでチェックイン、ルフトハンザのカウンターはありませんね
スイス航空はルフトハンザの子会社なので当たり前か



ジュネーブ国際空港はこじんまりとした空港でした



それでもセキュリティには☆G用の優先レーンが用意されてました
妻は家族カードでの偽☆Gですが、自動改札という事もあり、それでは通れないという何とも残酷な仕組みでしたね

ラウンジもスイス航空



中は人が一杯でしたが、一応国際線ラウンジなのでパン程度のフードはありました



乗ります



ビジネスと言っても、コレですがな



でも足元は意外と広い、ちっぴーの足が短いのもあるが^_^;



いつも同じ事言ってるような気もするが、シートの出来がいいのか実際日系国内線よりは広いと思う
機材は珍しくボーイング機、737-500
ANAでもまだ現役ですが、それよりも全然綺麗でしたね



離陸
飛んで直ぐに右へ旋回してくれたおかげで、空港が良く見えました、湖はレマン湖ね




あまり楽しみでは無いが機内食



ふふふ、何だかね

いい加減ホント、コメントに困るわ



さてFRAまでの飛行時間はダイヤ上は1時間20分、でもこの日何故か乗って30分くらいで着陸態勢に
え~、まさか緊急着陸なんて無いよな


この景色を見て安心、左の方にも着陸機が見えるしFRAの風景だ(と自分に言い聞かせる)




でも実際にはANA機を見るまでは安心出来ませんでした^_^;


スポットは沖止め




それにしてもこの機のキャプテン、凄い頑張り
予定1時間20分のところ、50分で飛んでしまうんだから・・・
よっぽど早く帰りたかったのかね


さあラウンジで泡を頂きましょう



つづく・・・